仏陀を通して学ぶべきことは、毎年、またどんな状況に直面しても、私たちの生活に常に関係するものがたくさんあります。

シンプルで美しい知恵は、人生において雄弁な教訓を与え、必要なときに思い出させてくれます。

以下は、仏陀の豊富な知識から得た、最も洞察に富み、人生を変える教訓のトップ 25 のリストです。

「一輪の花の奇跡をはっきりと見ることができれば、私たちの人生は完全に変わるだろう。」

釈迦
Profile

この記事を担当:音楽家 / 朝比奈幸太郎

1986年生まれ
音楽大学で民族音楽を研究。
卒業後ピアニストとして活動。
インプロビゼーション哲学の研究のため北欧スウェーデンへ。
ドイツケルンにて民族音楽研究家のAchim Tangと共同作品を制作しリリース。
ドイツでStephan Desire、日本で金田式DC録音の五島 昭彦氏から音響学を学ぶ。
録音エンジニアとして独立し、芸術工房Pinocoaを結成。
オーストリア、アルゼンチンなど国内外の様々なアーティストをプロデュース。
株式会社ジオセンスの小林一英氏よりC言語、村上アーカイブスの村上浩治氏より、写真と映像を学ぶ。
2023年からヒーリング音響を研究するCuranz Soundsを立ち上げる。
世界中に愛と調和の周波数を届けるため、癒しの音をCuranz Soundsにて発信中。

人生を変える仏陀の教訓25選

1. 愛はすべてのものを癒します。

「憎しみは憎しみによって消えるのではなく、愛によってのみ消えます。これが永遠の法則です。」

2. あなたを定義するのは、あなたが言うことではなく、あなたが行うこと。

「人は、しゃべり続けるから賢い人と呼ばれるのではない。

しかし、平和的で、愛情深く、恐れを知らない人であれば、真に賢い人と呼ばれる。」

「犬は、吠えるのが上手だからといって良い犬とはみなされない。

人は、しゃべるのが上手だからといって良い人とはみなされない。」

3. 健康の秘訣は、今を精一杯生きることです。

「過去にとらわれず、未来を夢見ず、今この瞬間に心を集中してください。」

「心と体の健康の秘訣は、過去を嘆いたり、未来を心配したりするのではなく、今この瞬間を賢く真剣に生きることです。」

4. 内面を見つめる者は目覚める。

「道は空にあるのではない。道は心にある。」

5. 言葉には傷つける力と癒す力がある。

「言葉には破壊する力と癒す力がある。言葉が真実で優しいとき、言葉は世界を変えることができる。」

6. 手放せば、それは永遠にあなたのものになります。

「あなたが失うのは、あなたが執着しているものだけです。」

7. 誰もあなたの代わりにあなたの道を歩むことはできない。

「私たち自身以外に私たちを救う人はいません。誰も救うことはできませんし、誰も救うことはできません。私たち自身が道を歩まなければなりません。」

8. 幸福とは・・・

共有されても決して減ることはありません。

「1 本のろうそくから何千本ものろうそくに火を灯すことができ、ろうそくの寿命が短くなることはありません。幸福は共有されても決して減ることはありません。」

9. すべての人に親切にしてください

「若者には優しく、老人には同情し、努力する人には共感し、弱い人や間違った人には寛容になるよう決意してください。人生のある時点で、あなたはこれらすべてを経験するでしょう。」

「金持ちも貧乏人も同じように、すべての生き物に思いやりを持ちましょう。それぞれに苦しみがあります。ある人は苦しみが大きすぎ、ある人は苦しみが少なすぎます。」

「すべての人にこの三つの真実を教えなさい。寛大な心、優しい言葉、奉仕と思いやりのある生活こそが、人類を再生させるものです。」

10. 信じるように言われたことをすべて信じてはいけない

「聞いたことがあるというだけで、何かを信じてはいけません。

多くの人が話したり噂したりしているというだけで、何かを信じてはいけません。

宗教書に書かれているというだけで、何かを信じてはいけません。

教師や年長者の権威だけで、何かを信じてはいけません。

何世代にもわたって受け継がれてきたというだけで、伝統を信じてはいけません。

しかし、観察と分析を行った後、何かが道理にかなっていて、すべての人の利益につながるとわかったら、それを受け入れ、それに従って生きてください。」

11. あなたが思うとおりの人間になる。

「私たちのすべては、私たちが考えたことの結果です。

それは私たちの考えに基づいており、私たちの考えで構成されています。

人が邪悪な考えで話したり行動したりすると、車輪が荷馬車を引く獣のひずめを追いかけるように、苦しみが彼を追いかけます。

人が善い考えで話したり行動したりすると、幸福が彼を追いかけます。

それは、彼から決して離れない影のようです。」

12. 恐怖を手放す

「存在の秘訣は、恐怖を持たないことです。

自分に何が起こるかを決して恐れず、誰にも頼らないでください。

すべての助けを拒否した瞬間にのみ、あなたは自由になります。」

13. 真実は必ず漏れてしまう。

「太陽、月、そして真実、この三つのものは長く隠しておくことはできない。」

14. 心をコントロールしないと、心があなたを支配する。

「健康を楽しみ、家族に真の幸福をもたらし、すべての人に平和をもたらすには、まず自分の心を鍛え、コントロールしなければなりません。

人が自分の心をコントロールできれば、悟りへの道を見つけることができ、すべての知恵と美徳が自然に身に付くでしょう。」

「人を邪悪な道に誘い込むのは、敵や敵ではなく、その人自身の心なのです。」

15. 疑いは分裂を招き、信頼は団結を生む。

「疑いの習慣ほど恐ろしいものはありません。

疑いは人々を分裂させます。

それは友情を崩壊させ、楽しい関係を壊す毒です。

それは刺激を与えて傷つける棘であり、人を◯す剣です。」

16. あなた自身以上にあなたの愛を受けるに値する人はいない。

「あなた自身以上にあなたの愛と愛情を受けるに値する人を宇宙全体で探しても、そんな人はどこにも見つからない。

あなた自身は、宇宙の誰よりも、あなたの愛と愛情を受けるに値する。」

17. 他人を知ることは知恵であり、自分を知ることは悟りである。

「千回の戦いに勝つよりも、自分自身を征服する方が良い。

そうすれば、勝利はあなたのものとなる。

天使や悪魔、天国や地獄によっても、勝利はあなたから奪われることはない。」

18. スピリチュアルは贅沢ではなく、必需品です。

「ろうそくが火なしでは燃えないのと同じように、人はスピリチュアルな生活なしでは生きられません。」

19. 嫉妬を賞賛に置き換える。

「他人の良い点を嫉妬するのではなく、賞賛の気持ちからそれを自ら取り入れなさい。」

20. 自分の中に平和を探しましょう。

「平和は内側からやってきます。外側に求めてはいけません。」

21. 執着を手放す。

「純粋で利他的な人生を送るには、豊かさの中で何も自分のものとして数えてはならない。」

22. 友人を賢く選びましょう。

「不誠実で邪悪な友人は野獣よりも恐ろしい。

野獣はあなたの体を傷つけるかもしれないが、邪悪な友人はあなたの心を傷つける。」

23. 幸福への道はありません。幸福こそが道なのです。

「幸福への道はありません。幸福こそが道なのです。」

24. レッテルを捨てる。

「空には東と西の区別はない。人々は自分の心で区別を作り出し、それを真実だと信じている。」

25. 愛し、生き、手放す。

「結局、これらのことが最も重要です。

どれだけ愛したか?どれだけ充実した人生を送ったか?どれだけ深く手放したか?」

自灯明法灯明

釈迦が亡くなる前に弟子たちに語ったとされる「遺教経(いきょうきょう)」に記載されています。

「自灯明」は、自らの内なる光、つまり自己に頼ることを意味します。

これは、釈迦が弟子たちに対して、「自分自身を頼りにしなさい、自らの内なる光を信じなさい」と教えた言葉から来ています。

自分自身の知恵と洞察に頼ることで、外部の助けに依存せず、真の理解と悟りを得ることを奨励しています。

「法灯明」は、仏の教え(法)を頼りにすることを意味しています。

これは、釈迦が弟子たちに対して、「仏の教えを灯として、真理を探求しなさい」と教えた言葉から来ています。

仏教の教えや経典を指針として、自己をみつめて正しい道を歩むことを奨励しています。

この二つの灯明(灯り)は、仏教徒が自己の成長と悟りに向かうための重要な指針となります。

人生において私たちは他人からたくさんのアドバイスを受けます。

仏陀から受けるアドバイスはシンプルでありながら奥深く、どんな状況にも簡単に応用できます。

これらの真理を自分の考え方や行動に取り入れることで、私たちはより平和な存在へと変容することができます。