仏教の僧侶たちはいつも落ち着いていて、集中していて、落ち着いているように見えることをご存知ですか?

仏教哲学は長い間、人間の苦しみを軽減し、心を現在の瞬間に集中させる方法にのみ焦点を当ててきました。
日常生活に取り入れることができる仏教の習慣と原則をいくつか紹介します。

  1. 外側の整理整頓
    「人生は本当にシンプルだ。しかし、私たちはそれを複雑にしようと主張する。」
    〜孔子

釈迦牟尼は王子として生まれたという事実をご存知ですか? 釈迦牟尼は実際には美しい宮殿で一生を過ごすこともできたのに、そうしませんでした。

彼は物質主義の苛立たしい性質を理解したとき、すべてを放棄しました。

2000年後、仏教の僧侶たちも同じように、物質的な所有物を最小限に抑え、生活に必要なものだけを保持しています。

これは、彼らが生活を完全に整理することを意味します。

  1. 他人の世話をする:心の整理
    「他人を幸せにしたいなら、思いやりを実践しなさい。自分が幸せになりたいなら、思いやりを実践しなさい。」
    ~ダライ・ラマ

仏教の僧侶は世界全体のために物事を行うことを学びます。

さらに、彼らが瞑想するのは、他者のためです。さらに、彼らは困っている人を助け、自分の可能性を最大限に発揮するために、悟りを得ようと努めます。

このような無私の態度を身につけると、個人的な問題だけに集中しなくなります。心が穏やかになり、小さなことに対して感情的になることが少なくなります。

これは「内なる整理整頓」と呼ばれ、利己的な習慣を断ち切り、他人のための余地を作ることを意味します。

  1. 注意深く聞く
    「聞くときは、すでに知っていることを繰り返しているだけです。しかし、聞くときは、何か新しいことを学ぶかもしれません。」
    〜ダライ・ラマ

仏教の僧侶たちは、コミュニケーションの目的は自分自身と他人の苦しみを軽減することだと主張しています。

他人を判断したり批判したりしても何の役にも立ちません。

一方、マインドフルネスは実際には判断を伴いません。さらに、マインドフルなコミュニケーションの目的は、人が言っていることを評価せずにすべて受け止めることです。

その結果、相互尊重が深まり、会話が進展する可能性が高まります。

  1. 年上の人をフォローする
    「学ぶことへの情熱を育てなさい。そうすれば、あなたは成長し続けるでしょう。」
    ~アンソニー・J・ダンジェロ
    仏教の僧侶は、年長者には知恵があると考えています。だからこそ、彼らは自分の道を助けてくれる年長者の精神的指導者を求めているのです。

年上の人は経験が豊富である場合が多いので、彼らから学ぶべき洞察力のある人々です。

  1. 瞑想を実践する
    「瞑想は、あなたの中にある神聖なものを養い、開花させる方法です。」
    〜アミット・レイ

僧侶は通常、早起きして 1 ~ 3 時間瞑想します。夜も同じことを行います。さらに、この種の修行は脳の変化にも役立ちます。ですから、1 日を 30 分間の瞑想から始めるのがよいでしょう。

  1. 変化を受け入れる
    「人生は自然で自発的な変化の連続です。それに抵抗しないでください。それは悲しみを生み出すだけです。現実を現実として受け入れましょう。物事が望むように自然に進んでいくようにしましょう。」
    ~老子

仏教の師であるサズキ氏は、学ぶべき主な原則は変化を受け入れることだと述べています。

すべてが変化するという事実を受け入れなければ、完全な平静さは得られません。たとえそれが真実だとしても、受け入れるのは難しいかもしれません。移ろいやすいという真実を受け入れることができないので、あなたは苦しみます。

しかし、サズキは、心の内容は絶えず変化していることを認識することで、それを克服できると説明しています。意識に関するあらゆることは、現れたり消えたりするものです。これに気づくと、絶望、執着、怒り、不安、恐怖につながる可能性があります。

何をするにしても、それは同じ深い活動の表現である必要があることを心に留めておいてください。

  1. 今この瞬間を大切にする
    「過去にとらわれず、未来を夢見ず、今この瞬間に心を集中しなさい。」
    〜ブッダ

ほとんどの人にとって、現在の瞬間を受け入れることは困難です。おそらく、将来がどうなるかを心配したり、過去の出来事について考えたりするでしょう。

しかし、マインドフルネスは再び集中することを促すことができます。マインドフルネスを実践すると、自分が取り組んでいることに思考を戻すのに役立ちます。