老子は古代中国の最も有名な哲学者であり詩人であり、私たちの魂が学ぶべき多くの重要な教訓を残しました。道徳経の著者であり哲学的道教の創始者として最もよく知られており、彼の驚くべき知恵と平和、回復力、団結した生活のメッセージは、人生で本当に大切なことは何か、そして私たちが集団としてどのように成長できるかを私たちに思い出させます。彼は中国文化の中心人物ですが、彼の言葉は世界中の人々に当てはまります。

老子から学べる重要な教訓を10個紹介します。

  1. 人生における最も切実な疑問に対する答えは、あなた自身にあります。自分の内面を見つめれば、必要なものはすべて見つかります。
    「あなたの存在の中心に答えがあります。あなたは自分が誰であるかを知っており、何を望んでいるかを知っています。」

「他人を知ることは知性であり、自分自身を知ることは真の知恵です。他人を制することは強さであり、自分自身を制することは真の力です。」

「私が今あるものを手放すと、私はなり得るものになる。」

  1. 手放すことで、あなたは自由になります。彼らの存在と戦うのではなく、認めることで、あなたは自分自身と世界の両方を征服します。
    「手放すことで、すべては完了します。手放す人が世界を勝ち取ります。しかし、何度も挑戦すれば、世界は勝利を超えたものになります。」

「それゆえ、師は何もせずに行動し、何も言わずに教える。物事が起これば、彼女はそれを起こさせる。物事が消えれば、彼女はそれを手放す。彼女は持っているが所有せず、行動するが期待しない。彼女の仕事が終わると、彼女はそれを忘れる。それが永遠に続く理由である。」

「完全になりたいなら、自分を不完全でいさせてください。まっすぐになりたいなら、自分を歪ませてください。満ち足りたければ、自分を空っぽでいさせてください。生まれ変わりたいなら、自分を死なせてください。すべてを与えられたいなら、すべてを手放してください。」

「泥が沈んで水が澄むまで待つ忍耐力がありますか?正しい行動が自然に起こるまで動かずにいられますか?」

  1. レッテルや利己的な欲望は、自分自身を本当に知る喜びを決して与えてくれません。
    「自分自身を定義する人は、自分が本当は誰なのかを知ることができない。」

「他人に対して権力を持つ者は、自分自身に対して権力を持つことはできない。」

「輝こうとする者は、自らの光を弱めてしまう。」

  1. 悪は、注意を払わなければ自然に消滅します。
    「悪に反対するものを与えなければ、悪は自然に消滅する。」
  2. 悪がどれほど長く支配しても、他人に対する優しさと思いやりは最後には必ず勝利します。
    「善良な人に対しては善良に接し、また善良でない人に対しても善良に接しなさい。こうして善良さが達成される。正直な人に対しては正直に接し、また正直でない人に対しても正直に接しなさい。こうして正直さが達成される。」

「言葉の優しさは自信を生みます。考え方の優しさは深みを生みます。与える優しさは愛を生みます。」

「誰かに深く愛されることはあなたに強さを与え、誰かを深く愛することはあなたに勇気を与えます。」

  1. 他人の考えを気にせず、自分らしくいられる自信を持ちましょう。
    「人々の承認を気にすると、彼らの虜になってしまう。」

「ただ自分らしくいることに満足し、比較したり競争したりしなければ、誰もがあなたを尊敬するでしょう。」

  1. 謙虚さを保つことで知恵と強さが生まれます。
    「賢者とは、自分が知らないことを知っている人である。」

「すべての川が海に流れ込むのは、川の水位が海より低いからです。謙虚さが川に力を与えます。」

  1. 変化は避けられないものなので、たとえ不快に思えてもそれを受け入れましょう。
    「すべてのものは変化すると理解すれば、執着するものは何もありません。死を恐れなければ、達成できないものは何もありません。」

「新たな始まりは、しばしば痛みを伴う終わりとして偽装される。」

  1. 偉大なリーダーは、自分が部下より優れているのではなく、単に部下の一員に過ぎないことを理解しています。
    「邪悪な指導者とは、国民に軽蔑される指導者である。良い指導者とは、国民に尊敬される指導者である。偉大な指導者とは、国民が『自分たちでやったんだ』と言う指導者である。」

「人民を統治したいなら、自らを人民の下に置かなければなりません。人民を導きたいなら、人民に従うことを学ばなければなりません。」

  1. 何もせず、何もないことを目指してください。ここで、あなたは真の幸福を見つけるでしょう。
    「何も行われなければ、何も残らない。」

「健康は最大の財産です。満足は最大の宝です。自信は最大の友です。無は最大の喜びです。」