昨今はおひとりさま、独身貴族、加えてMGTOWという言葉があるように、独身生活を謳歌する生活スタイルを選択する人も少なくありません。

MGTOW(Men Going Their Own Way、男性は自分の道を行く)は、主に男性が集まるインターネットコミュニティおよびライフスタイル運動の一つです。

この運動は、男性が結婚や交際、伝統的な社会的期待から距離を置き、自己決定権を重視して生きることを推奨しています。

ただし、このMGTOWは過激な内容も含まれているため中道を学ぶ必要があります。

この記事では、結婚の良し悪しを論じるのではなく、独身で生涯を過ごした人に焦点を当てます。

Profile

この記事を担当:音楽家 / 朝比奈幸太郎

1986年生まれ
音楽大学で民族音楽を研究。
卒業後ピアニストとして活動。
インプロビゼーション哲学の研究のため北欧スウェーデンへ。
ドイツケルンにて民族音楽研究家のAchim Tangと共同作品を制作しリリース。
ドイツでStephan Desire、日本で金田式DC録音の五島 昭彦氏から音響学を学ぶ。
録音エンジニアとして独立し、芸術工房Pinocoaを結成。
オーストリア、アルゼンチンなど国内外の様々なアーティストをプロデュース。
株式会社ジオセンスの小林一英氏よりC言語、村上アーカイブスの村上浩治氏より、写真と映像を学ぶ。
2023年からヒーリング音響を研究するCuranz Soundsを立ち上げる。
世界中に愛と調和の周波数を届けるため、癒しの音をCuranz Soundsにて発信中。

生涯独身だった100人の偉人たち

独身かどうか?

選択する時にいろいろなことを考えることでしょう。

その中に孤独という恐怖を克服できるか?というものがあるかと思います。

ここで選出した100人の偉人たちはどのような最後を送ったのか?

病名がわかるものもありますが、SEO対策のため、国名と、自宅なのか病院なのか?加えて誰かと一緒だったか?というものを抜き出しています。

女性を赤文字にしています。

生涯独身を貫いた偉人100人の人生の締めくくり

生涯独身を貫いた偉人100人の人生の締めくくり

名前場所孤独か誰かと一緒だったか最後の年齢亡くなった年
イマヌエル・カントドイツ自宅看護師が付き添っていました79歳1804年
アイザック・ニュートンイギリス自宅看護師が付き添っていました84歳1727年
ニコラ・テスラアメリカホテル孤独に亡くなりました86歳1943年
フリードリヒ・ニーチェドイツ精神病院孤独に亡くなりました55歳1900年
レオナルド・ダ・ヴィンチフランス自宅フランソワ1世が付き添っていました67歳1519年
ジェーン・オースティンイギリス自宅家族が付き添っていました41歳1817年
エミリー・ディキンソンアメリカ自宅家族が付き添っていました55歳1886年
ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンオーストリア自宅友人が付き添っていました56歳1827年
フランツ・シューベルトオーストリア自宅孤独に亡くなりました31歳1828年
ジョン・キーッツイタリア自宅友人が付き添っていました25歳1821年
エミリー・ブロンテイギリス自宅家族が付き添っていました30歳1848年
ヘンリー・デイヴィッド・ソローアメリカ自宅家族が付き添っていました44歳1862年
フローレンス・ナイチンゲールイギリス自宅家族が付き添っていました90歳1910年
サムエル・バトラーイタリア自宅孤独に亡くなりました66歳1902年
ルイス・キャロルイギリス自宅家族が付き添っていました65歳1898年
グスタフ・マーラーオーストリア病院孤独に亡くなりました50歳1911年
グレース・ホッパーアメリカ自宅孤独に亡くなりました85歳1992年
フランシス・ベーコンイギリス自宅友人が付き添っていました65歳1626年
ジョン・メイナード・ケインズイギリス自宅孤独に亡くなりました62歳1946年
フリードリヒ・シラードイツ自宅家族が付き添っていました45歳1805年
ヘンリー・ジェイムズイギリス自宅友人が付き添っていました72歳1916年
エドワード・エルガーイギリス自宅家族が付き添っていました76歳1934年
チャールズ・エドワード・イングラムアメリカ自宅孤独に亡くなりました69歳1932年
ヴァージニア・ウルフイギリス自●により命を絶ちました59歳1941年
アーサー・シューペンハウアードイツ自宅孤独に亡くなりました72歳1860年
ジョアンナ・サウスコットイギリス自宅友人が付き添っていました64歳1814年
トマス・アクィナスイタリア修道院友人が付き添っていました49歳1274年
ジョン・ラスキンイギリス自宅孤独に亡くなりました80歳1900年
アマデオ・モディリアーニフランス病院孤独に亡くなりました35歳1920年
ジョージ・ワシントン・カーヴァーアメリカ病院孤独に亡くなりました78歳1943年
アルフレッド・ラッセル・ウォレスイギリス自宅家族が付き添っていました90歳1913年
ジョージ・ワシントンアメリカ自宅家族が付き添っていました67歳1799年
エイブラハム・リンカーンアメリカ劇場暗●されました56歳1865年
エリザベス1世イギリス自宅家族が付き添っていました69歳1603年
ドロシー・ホジキンイギリス自宅家族が付き添っていました84歳1994年
ジョン・オーバックアメリカ自宅孤独に亡くなりました75歳1989年
アントン・ブルックナーオーストリア病院孤独に亡くなりました72歳1896年
ポール・ヴァレリーフランス自宅家族が付き添っていました73歳1945年
ヘンリー・キャヴェンディッシュイギリス自宅孤独に亡くなりました78歳1810年
グスタフ・クリムトオーストリア病院孤独に亡くなりました55歳1918年
サリー・ライドアメリカ病院孤独に亡くなりました61歳2012年
フランツ・カフカオーストリアサナトリウム孤独に亡くなりました40歳1924年
チャールズ・ドジソンイギリス自宅家族が付き添っていました65歳1898年
エルザ・スキャパレリフランス自宅家族が付き添っていました83歳1973年
マックス・プランクドイツ自宅孤独に亡くなりました89歳1947年
エドガー・アラン・ポーアメリカ病院孤独に亡くなりました40歳1849年
グレゴール・ヨハン・メンデルオーストリア修道院友人が付き添っていました62歳1884年
フリーダ・カーロメキシコ自宅家族が付き添っていました47歳1954年
アラン・チューリングイギリス自宅自●により命を絶ちました41歳1954年
エラ・フィッツジェラルドアメリカ自宅家族が付き添っていました79歳1996年
イエス・キリストイスラエル十字架殉教33歳30年頃
ゴータマ・シッダールタ(釈迦)インド自宅弟子たちが付き添っていました80歳紀元前483年頃
マザー・テレサインド修道院孤独に亡くなりました87歳1997年
トマス・アクィナスイタリア修道院友人が付き添っていました49歳1274年
聖フランシスコ・ザビエル中国孤独に亡くなりました46歳1552年
聖アウグスティヌスアルジェリア自宅孤独に亡くなりました75歳430年
ジョン・カルヴァンスイス自宅孤独に亡くなりました54歳1564年
聖イグナチオ・デ・ロヨライタリア自宅友人が付き添っていました65歳1556年
パウロイタリアローマ殉教61歳67年頃
聖カタリナ・シエナイタリア自宅友人が付き添っていました33歳1380年
マーティン・ルーサー・キング・ジュニアアメリカホテル暗●されました39歳1968年
ダライ・ラマ14世インド存命中
聖ヨハネ・クリュソストモストルコ自宅孤独に亡くなりました57歳407年
聖イエレミアスエジプト殉教70歳570年頃
パラケルススオーストリア自宅孤独に亡くなりました47歳1541年
スヴァーミー・ヴィヴェーカーナンダインド自宅孤独に亡くなりました39歳1902年
グル・ナーナクインド自宅家族が付き添っていました70歳1539年
サンタ・クララ・アッシジイタリア修道院孤独に亡くなりました59歳1253年
ミハイル・バクーニンスイス自宅家族が付き添っていました62歳1876年
アンドリュー・カーネギースコットランド自宅孤独に亡くなりました83歳1919年
ジョージ・ハーバートイギリス自宅孤独に亡くなりました39歳1633年
マルコムXアメリカ会場暗●されました39歳1965年
聖フランシスコ・アッシジイタリア自宅友人が付き添っていました44歳1226年
聖テレサ・アビラスペイン修道院孤独に亡くなりました67歳1582年
聖ベルナルドゥス・クララヴァレンシスフランス修道院孤独に亡くなりました63歳1153年
聖ヨハネ・クロススペイン修道院孤独に亡くなりました49歳1591年
フェリックス・メンデルスゾーンドイツ自宅家族が付き添っていました38歳1847年
アントニン・ドヴォルザークチェコ自宅家族が付き添っていました62歳1904年
エドヴァルド・グリーグノルウェー自宅家族が付き添っていました64歳1907年
アラン・ワッツアメリカ自宅孤独に亡くなりました58歳1973年
ヨハネス・ブラームスオーストリア自宅看護師が付き添っていました63歳1897年
アンリ・ルソーフランス自宅家族が付き添っていました66歳1910年
ジャン=ポール・サルトルフランス自宅孤独に亡くなりました74歳1980年
ラルフ・ウォルド・エマーソンアメリカ自宅家族が付き添っていました78歳1882年
フェルディナント・デ・ソシュールスイス自宅孤独に亡くなりました55歳1913年
サミュエル・ジョンソンイギリス自宅家族が付き添っていました75歳1784年
モーリス・メーテルリンクフランス自宅家族が付き添っていました86歳1949年
アン・サリヴァンアメリカ自宅友人が付き添っていました70歳1936年
ウィリアム・ハズリットイギリス自宅孤独に亡くなりました52歳1830年
ジョゼフ・メリックイギリス病院孤独に亡くなりました27歳1890年
ジョン・アタナソフアメリカ自宅家族が付き添っていました91歳1995年
エルフリーデ・イェリネクオーストリア存命中
カール・バルトスイス自宅家族が付き添っていました82歳1968年
エーレンフリート・ヴァルターハンス・オイラー=チェルピンドイツ自宅孤独に亡くなりました91歳1964年
デミス・ルソスギリシャ病院孤独に亡くなりました68歳2015年
チャールズ・バベッジイギリス自宅家族が付き添っていました79歳1871年
パウル・エルデシュポーランド病院孤独に亡くなりました83歳1996年
グスタフ・マーラーオーストリア病院孤独に亡くなりました50歳1911年

孤独に関する名言・格言

孤独に関する名言を残した偉人たち

孤独に関する名言を残した偉人たち

名前名言・格言
フリードリヒ・ニーチェ「孤独は、人を狂わせもするし、神にもする。」
ヘンリー・デイヴィッド・ソロー「孤独は、すべての発明の母である。」
フリードリヒ・シラー「孤独は心の成長の必須条件だ。」
アーサー・シューペンハウアー「孤独は、強い心の持ち主にとって、最も安らぎを与えるものだ。」
エミリー・ディキンソン「孤独が私に与えてくれたものは、自由である。」
フランツ・カフカ「孤独は、すべての人間の運命である。」
レオナルド・ダ・ヴィンチ「孤独の中でこそ、偉大な仕事が成し遂げられる。」
ニコラ・テスラ「孤独は、私の最高の友である。」
ヘンリー・ジェイムズ「孤独は、自分自身と向き合うための最良の時間である。」
ヴァージニア・ウルフ「孤独が私に教えてくれたのは、自己の真実である。」
フローレンス・ナイチンゲール「孤独の中で見つけたもの、それが私の使命である。」
エドガー・アラン・ポー「孤独は、私の唯一の友であり、最も信頼できるものである。」
フリーダ・カーロ「孤独が私に与えてくれたのは、創造の力である。」
アイザック・ニュートン「孤独の中でこそ、最も偉大な発見が生まれる。」
アルフレッド・ラッセル・ウォレス「孤独は、自然の一部であり、我々が受け入れるべきものである。」

中には、時代背景としての結婚制度に合致しないために独身としてされていた方もいるかもしれません。

他に例えば釈迦やイエスなどは、宗教団体として機能していく流れの中で生きていたわけですので、宗教家は弟子たちが家族の変わりであると考えることもできますし、家族のような存在がいた方もいらっしゃるかもしれません。

将来孤独かどうか?というのは、愛する人やパートナーとの死別によってもわかれてくるかと思います。

必ずしも独身🟰孤独という図式は成立せず逆も然りであるわけです。

逆に孤独を良しとしない格言もみておきましょう。

孤独を讃美しない名言を残した偉人たち

孤独を讃美しない名言を残した偉人たち

名前名言・格言
アルベルト・アインシュタイン「孤独な人間の背後には、必ずやその人を支える影がある。」
ヘレン・ケラー「孤独に勝る苦しみはない。友人と共に過ごす時間の尊さに感謝する。」
エピクテトス「人は社会的な動物であり、孤独では真の幸福を見つけることはできない。」
アリストテレス「人間は社会的な存在であり、孤独の中では完全に生きることはできない。」
エレノア・ルーズベルト「友人と共に過ごす時間は、人生の中で最も貴重な宝である。」
マザー・テレサ「孤独と無視は、最も恐ろしい貧困の形である。」
ロバート・フロスト「家庭とは、あなたがそこに行けば、必ず受け入れてもらえる場所である。」
ジョン・ミルトン「孤独は、魂の死を意味する。」
カール・マルクス「人間は本質的に社会的存在であり、孤独の中ではその本質を発揮できない。」
フランシス・ベーコン「孤独は人間を堕落させる。」
ルイス・キャロル「孤独は心を蝕む病である。」
マーガレット・アトウッド「孤独は心を閉ざす闇である。」
ヴィクトル・ユーゴー「孤独は最も恐ろしい敵である。」
オスカー・ワイルド「友人のいない人生は、孤独と絶望の連続である。」
ジョン・スタインベック「人間は孤独では生きられない。」

実際に独身を貫いた宗教家たちの中にも孤独を大切に取り扱いつつ、人と人との関わりや縁起を大切にした教えもたくさんあります。

宗教家の孤独に対する解釈と教え

宗教家の孤独に対する解釈と教え

宗教家教えと解釈
イエス・キリスト
  • 共同体と愛: 互いに愛し合い、共同体の中で支え合うことを強調(ヨハネ13:34-35)。
  • 孤独の意義: 時折孤独を選び、祈りや瞑想のために一人になることで自己反省と神との関係を深める(マタイ4:1-11)。
ゴータマ・シッダールタ(釈迦)
  • 悟りと孤独: 悟りを得るために孤独な修行を選び、菩提樹の下で一人で瞑想し悟りを開く。
  • 共同体の重要性: サンガ(僧団)の重要性を強調し、修行者たちが互いに支え合う共同体生活を重視。
マハトマ・ガンジー
  • 孤独と内省: 瞑想や内省の時間を大切にし、「孤独は心の平和を見つけるための重要な要素」と考える。
  • 共同体と奉仕: 共同体と奉仕の精神を強調し、他者との関わり合いを通じて社会正義を追求。
ダライ・ラマ14世
  • 孤独のバランス: 「内なる平和を見つけるためには、一人の時間が必要だが、同時に他者との関係を大切にすることも重要」と述べる。

是非バランスを持って結婚観、そして孤独というものを考察してみてはいかがでしょうか。