【ソクラテスが語る永遠の魂】プラトンに伝えた叡智とは?!

ソクラテスは古代ギリシャの哲学者であり、その思想は今日まで数多くの人々に影響を与えています。

ただし彼は書物を一切残していません。

彼の哲学は弟子であるプラトンとの対話の中から紐解くことができます。

こうした対話型の問答は当時の流行の哲学議論スタイルであったと言われています。

ソクラテスが論じる死と魂に関する議論は、特にプラトンの名著『フェードン』において詳細に語られています。

この文書では、ソクラテスがどのように魂の不死を語ったのか、そしてその思想が現代にどのような意味を持つのかを探ります。

哲学者:ソクラテスの罪とは?!

古代ギリシャの哲学者ソクラテスは、紀元前399年にアテナイで死刑を宣告されました。

なぜ死刑になったのでしょうか?

その理由は、当時の若者たちを堕落させ、アテナイの神々を否認し、新たな神々(哲学思想)を導入したというものでした。

ソクラテスの死刑の方法は毒杯の服毒であり、彼の最後の日々と死刑に至る経緯は、弟子であるプラトンによって『フェードン』をはじめとする著作で記録されています。

アテナイの神々と、ソクラテスの哲学の違い

当時死刑判決が出ましたが、ソクラテスの神々に対する哲学的思想が誤解されたままだったのでしょう。

決してソクラテス自身が新たな神々を導入したというわけではなく、彼の思想や教えは、理性的な探求と個人の道徳的な自己省察を強調していました。

アテナイの神々とその信仰

アテナイで信仰されていた神々は、ギリシャ神話におけるオリンポス十二神を中心とした多神教でした。

これらの神々は自然現象、人間の活動や情緒、社会秩序など、生活のあらゆる側面を司っているとされ、神託や祭礼を通じて人々と交流していると信じられていました。

アテナイの人々はこれらの神々を崇拝し、祭祀を行うことで都市の繁栄や個人の幸福を願っていました。

ソクラテスの思想と「新たな神々」

ソクラテスが提唱したのは、「新たな神々」というよりは、個人の内面と理性に基づく道徳的な生き方でした。

彼は従来の神話や伝統的な信仰に対して批判的な立場を取り、真実や善を理性的な対話(ディアロゴス)を通じて追求することを重視しました。

ソクラテスにとって、神聖なるものは個人の内面に宿る理性や知、そしてそれを通じての自己認識にあると考えられます。

彼は「知ることの知らなさ」を自覚すること、つまり自らの無知を認めることから真の知識や徳が始まると説きました。

ソクラテスが「新たな神々」として紹介したとされるのは、このような内面への洞察や理性に基づく生き方そのものであり、具体的な新しい神々を提唱したわけではありません。

彼が強調したのは、外部の神々や伝統的な信仰に頼るのではなく、自己の内面と理性に基づく道徳的な判断と生き方です。

これが伝統的な信仰や社会規範と対立し、彼が異端視される一因となりました。

イエスをはじめとする世界中の宗教指導者たちが口を揃えて伝えている事実としては、神は内側に存在し、外側に存在しないということです。

ソクラテスの哲学の軸になるのが、このことであることは容易に想像できます。

オリンポス十二神

神々の名前役割や担当何を司るのか
ゼウス神々の王天候、法、秩序
ヘラ女神の女王、ゼウスの妻結婚、家庭
ポセイドン海の神海、地震、馬
デメテル農業の女神農業、穀物
アテナ知恵と戦争の女神知恵、戦略、手工芸
アポロン光と芸術の神予言、音楽、医療
アルテミス狩猟の女神狩猟、動物、出産
ヘルメス神々の使者旅、商売、盗賊
ヘファイストス火と鍛冶の神火、鍛冶、工芸
アフロディーテ愛と美の女神愛、美、欲望
アレス戦争の神戦争、勇気、暴力
ヘスティア炉辺と家庭の女神家庭、炉辺、家族の絆

ソクラテスはなぜ極刑を言い渡されたのか?

ソクラテスが死刑に処せられた理由は、「若者を腐敗させる」と「アテナイの神々を否認し、新たな神霊を導入する」という二つの罪でした。

これは、ソクラテスが伝統的な信仰観に挑戦し、独自の哲学的探究を行ったことが、当時の社会秩序や宗教観と衝突した結果と見られています。

つまり、ソクラテスがオリンポスの神々を「否定した」と単純に言うのではなく、彼の哲学的探究が伝統的な信仰や神話に対して疑問を投げかけたこと、そしてそれが社会的な軋轢や誤解を生んだことが、彼の裁判と死刑につながったと理解する方が適切でしょう。

ソクラテスの主な関心は真実と徳の探究にあり、その過程で伝統的な信仰観に挑戦することがあったということです。

魂の不滅について語ったこと

『フェードン』では、ソクラテスが死の床で弟子たちと語り合う様子が描かれます。

特に、魂の不死に関する議論は、哲学的な探究の中でも特に重要な部分を占めています。

ソクラテスは、魂が不滅であることを論じ、死後も魂は存在し続けると主張しました。

ソクラテスが毒杯を飲むことになったのは、彼の思想とアテナイの政治的・社会的状況とが複雑に絡み合った結果でした。

彼は真実を追究し、個々人が自らの信念に基づいて生きることの重要性を説きましたが、これが既存の秩序や信仰を脅かすものと見なされたのです。

毒杯を飲む直前のソクラテスは、恐れることなく、自らの信念と哲学に基づいて堂々と死を受け入れました。

彼は、魂が不死であるという信念をもって、この世との別れを迎えたのです。

『フェードン』におけるソクラテスの議論は、死とは何か、魂とは何か、そして人間が死後に何を期待すべきかについて、深い洞察を与えてくれます。

彼の思想は、後世の哲学や宗教に大きな影響を与え、今日においても私たちの魂に訴えかけるメッセージとして受け継がれています。

ソクラテスがプラトンに伝えた叡智

ソクラテス式問答法(ディアレクティケ)

ソクラテスの哲学的探求の核心にあるのは、ソクラテス式問答法です。

これは、相手との対話を通じて、深い思考や真理へと導く方法です。

ソクラテスは、自分自身が知識を持っていると主張することなく、質問を繰り返すことで相手に自己の無知を認識させ、真の知識に到達させることを目指しました。

この方法は、批判的思考を促し、個人が自己の信念を深く掘り下げ、再評価することを奨励します。

徳と知識

ソクラテスは徳を最も重要な人間の資質と考えていました。

彼にとって、徳はただの道徳的な価値ではなく、善い生を生きるための知識と密接に関連しています。

ソクラテスは「徳は知である」という考えを提唱し、人が真の知識を持てば、自然と正しい行動を選択するようになると主張しました。

つまり、不正行為は知識の欠如から生じるというのです。

無知の知

ソクラテスの哲学のもう一つの重要な概念は「無知の知」です。

これは、自分が何も知らないことを知ることの価値を認識することを意味します。

ソクラテスは、自分自身の無知を公然と認めることで、常に学び、成長し続ける態度の重要性を示しました。

この概念は、真の知識への探求は謙虚な姿勢から始まるべきであるというソクラテスの信念を反映しています。

個人と社会

ソクラテスは、個人の徳と社会の正義が密接に関連していると考えました。

彼は、正義の本質を探究することに多大な関心を寄せ、正義が個人の内面における調和の状態であると同時に、社会全体の調和をもたらすものであると論じました。

ソクラテスにとって、個々人が自己の徳を高め、正しい行為をすることが、理想的な社会を構築する基盤となります。

自己認識

「自らを知れ」という言葉は、ソクラテスの哲学を象徴するものとして広く知られています。

この言葉は、自己の内面を深く探究し、自己の限界と可能性を理解することの重要性を強調しています。

ソクラテスは、自己認識を通じて、人が自己の行動をより良く制御し、より善い選択をすることができるようになると信じていました。

ソクラテスの死

ソクラテスの生涯は、彼の哲学の究極の表現として終わりました。

彼は、不敬罪と青少年の堕落の罪で告訴され、死刑を宣告されました。

しかし、ソクラテスは逃亡する代わりに、自らの信念と哲学的探求への忠誠を守るために、死を選びました。

彼のこの行動は、真理と徳への不変のコミットメントを示すものであり、後世の哲学者に大きな影響を与えました。

ソクラテスがプラトンに伝えた哲学的叡智は、自己認識、徳、知識の追求、そして倫理的な生き方に焦点を当てたものでした。

彼の教えは、人間の内面の探究と個人の行動が大きな社会的影響を持つことの重要性を強調しています。

ソクラテスの哲学は、単に古代ギリシャの時代に留まるものではなく、現代の私たちにとっても大きな意味を持ち続けています。

魂の不死

ソクラテスは魂の不死を強く確信していました。

彼にとって、魂は肉体から切り離されても存在し続ける不滅のものであり、死は魂が肉体の束縛から解放される過程に過ぎないと考えられています。

「フェードン」において、ソクラテスは死を迎える前の最後の瞬間に、魂の不滅性について深く論じ、死後の世界への信念を語っています。

魂の浄化と再生

ソクラテスは、死後の世界での魂の旅についても言及しています。

彼は、魂が物質的な欲望や世俗的な束縛から完全に浄化されることを通じて、より高い知の形態に到達することができると考えました。

魂は死後、真理をより深く理解するための新たな学びの機会を得るとされています。

また、魂が再生を繰り返し、異なる生命体として生まれ変わる過程(輪廻)についても言及されていますが、これはプラトンの後期の対話篇におけるアイデアであり、ソクラテス自身の信念と直接結びつけるのは難しいかもしれません。

善き生と死後の報い

ソクラテスは、この世での行動が死後の魂の運命に影響を及ぼすとも考えていました。

徳に従って善き生を送る人は、死後、魂がより高尚な状態に至るとされます。

一方で、不正を行い、徳を怠った人々の魂は、その行為の結果として苦しみを経験すると語られています。

この考えは、倫理的な生き方の重要性と、人間の行動が持続的な意味を持つというソクラテスの信念を反映しています。

死への態度

ソクラテスは、死を恐れることなく、むしろ魂の解放として受け入れるべきものと考えていました。

彼は自らの死を前にしても、死後の世界への深い信念と、生きている間に追求した真理と徳へのコミットメントを堅持しました。

ソクラテスにとって、死は魂が真の自由と知を追求するための新たな始まりを意味します。

ソクラテスの哲学では、魂の死後の運命について魂の不滅と肉体からの解放、そして徳に応じた魂の運命が主なテーマとなっています。

音や周波数に直接的に言及している記録はないものの、プラトンを通じて伝えられた宇宙の調和と音楽の比喩は、ソクラテスの思想が後世の哲学に与えた影響の広がりを示しています。

error: 右クリックを禁止させていただいております。