Share this post on:

赤ちゃんが生まれたら、お子様の成長と発達は常に心の中にありますよね。

最新の研究が明らかにしたのは、赤ちゃんが生演奏にどのような反応を示し、その経験が彼らの集中力と社会的結びつきを高めるかということです。

この記事を通じて、音楽がお子様の発達にどのように貢献するか?

生演奏の魅力とともに見ていきましょう。

実験の内容

トロント大学の研究者たちは、音楽の生演奏が乳児の心と行動にどのように影響を与えるかを探求しました。

彼らは120人の6ヶ月から14ヶ月の赤ちゃんを対象に、マクマスター大学のコンサートホールで行われた子供向けオペラの生演奏と録画されたバージョンを視聴してもらい、両者を観察したものです。

61人の乳児は直接生演奏を鑑賞し、残りの59人は録画版を鑑賞。

録画版の再生はライブバージョンと同じサイズ、音源からの距離、音量を維持しています。

赤ちゃんたちは反応はコンサートの座席の後ろに取り付けられた心臓モニターとタブレットによって追跡され、その後、学生研究助手が映像を精査して、赤ちゃんがいつステージを見ていたのか、いつ目をそらしたのかを記録しました。

研究者の紹介

この研究は、トロント大学の心理学部助教授であるローラ・シレッリ氏によって主導されました。

シレッリ氏は、幼児期の発達心理学と音楽の認知に関する専門家です。

彼女の研究は、音楽が幼児の社会的結びつきや感情的発達に与える影響を探ることに重点を置いています。

実験結果

  • 生演奏の反応:
    • 赤ちゃんの注意は12分間のショーのうち72%の時間持続しました。
    • 心拍数が同期し、集中力が高まる。
  • 録画バージョンの反応:
    • 注意は54%の時間持続しました。
    • 集中力の持続時間が短い。

この結果から、生演奏が赤ちゃんの注意をより強く引き付け、心拍数の同期を通じて社会的結びつきを強化することが明らかになりました。

だからといって、決して赤ちゃんが仮想パフォーマンスを退屈だと感じているわけではありません。

パンデミックの発生後、研究者らは、自宅でZoomを介して同じ録画を視聴しながら、あるグループの乳児を仮想的に研究した。

それらの赤ちゃんは、ライブショーに参加した赤ちゃんとほぼ同じくらいの注意を払い、平均約64パーセントを視聴していましたが、赤ちゃんは全体を通して気が散り、集中力の持続時間が短くなる可能性が高かったです。

まとめ

この研究は、音楽が赤ちゃんの発達において重要な役割を果たすことを示しています。

また、どんなにテクノロジーや配信技術が発達しても人々は生演奏を求める秘密が眠っていると言えます。

音楽ライブの魅力はやはりパフォーマンスをするアーティストのエネルギーを直接受け取る稀有な機会であり、この付加価値をデジタル空間に変換することはこの先も難しいでしょうし、トライする必要性すら疑問です。

実際生演奏は、録画されたものよりも赤ちゃんの注意を強く引き付け、心拍数の同期を通じて社会的結びつきを強化することがわかりました。

親御さんがお子様と共に音楽を楽しむことは、彼らの感情的・社会的発達に大きく貢献することができます。

ただし、音楽のジャンルやその内容はしっかりと選択することが重要です。

Share this post on: