Share this post on:

楽器を演奏することの健康効果は様々報告されています。

今回はアメリカ・バーモンド大学大学医学部の研究者によって実施された研究をシェアします。

この研究では、精神医学の教授でありバーモント子供センターの所長であるジェームズ・ハジアック氏が過去に行った研究を継承しています。

ジェームズ・ハジアック氏は過去に、米国国立衛生研究所と協力し、6 歳から 18 歳まで計 232 人の子供の脳の発達を観察しています。

関連記事:Here’s How Playing a Musical Instrument Can Improve a Child’s Brain

楽器を学ぶことでどう変わるのか?

子供の脳は順応性が非常に高く、成長するにつれて、脳の外側の層である皮質の厚さが変化していきます。

ジェームズ・ハジアック氏の過去の研究チームでは、この皮質の特定の領域の厚さによって、表面上は健康的に見える子供であっても、不安やうつ病、注意持続時間の問題、攻撃性やその他行動上の問題に関連している可能性があることを指摘しました。

今回の研究では、音楽教育や楽器の演奏トレーニングがこれらの不安やうつ病などのネガティブな影響を軽減できるかどうかを調査。

調査結果

研究者たちは、対象の子どもたちに4か月〜14か月間音楽レッスンを行いました。

その後に彼らの脳活動を分析。

結果、音楽レッスンを受けた子どもたちは、音楽的レッスンを受けていない子どもたちと比較して、音楽的感覚と言語能力を含む脳の様々な領域がより活発になっていることが明らかになりました。

楽器の演奏スキルを学ぶということは、特定の動きの制御が複合的に必要になってくるため、運動野の状態を変化させることを発見しています。

特に子供の場合は、感情処理の部分においてもこれらの相関関係があることを発見。

音楽を演奏することそのものが子供の認知機能、言語能力、創造性、感情的な経験に大きな影響を及ぼしていました。

音楽を演奏することは、脳内の神経回路を発達させるために重要であり、子供たちはより優れた数学的能力、空間認識能力、記憶力や集中力を獲得できることがわかりました。

ストレスの軽減も

さらに音楽を演奏することは、ストレスを軽減させ、感情的な安定を手にいれる助けにもなります。

音楽を演奏することは、子供たちにとって健康的で楽しい趣味であるだけでなく、将来の成長と発展にも役立つことができます。

米国では4分の3が・・・

全米の高校生の実に4分の3が、音楽や芸術に関する趣味や時間をほとんどまたは、全くとらないという統計があります。

ジェームズ・ハジアック氏は、音楽やその他の芸術を若者にとって魅力的な存在にするための努力が必要とコメントしています。

「このような統計は、現在の神経画像の結果と照らし合わせると、音楽トレーニングを子供の頃から若者がより広く利用できるようにするための新しく革新的な方法を見つけることが極めて重要であることを強調しています。」

ジェームズ・ハジアック氏:翻訳『Google翻訳』

音楽を学ぶにはかなり経済的に余裕がないと難しい側面があります。

楽器の購入代に続き、メンテナンス代、レッスン代、発表会では衣装などなど。

格差社会が日本よりもかなり激しい米国では音楽教育を受けたくても受けられない状況があるのかもしれません。

その点ヨーロッパでは無料の美術館が充実していたり、教会では無料のコンサートが行われていたりと、クラシック音楽に限って言えば文化の保護と継承活動は活発に行われており、その状況の中で格差なく子供達が音楽や芸術に触れる機会があるように感じます。

日本はどちらかと言えば米国寄りなのかもしれません。

江戸時代の寺子屋の音楽版!?

もっと身近に、そして芸術を学ぶ機会をすべての子供達に提供できるように、音楽家として尽力したいと思っています。

Share this post on:

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です