【イタリアでの432hz研究】心拍数を下げる効果&地球の周波数との共鳴〜シューマン共振

2019年の研究論文に心拍数を下げる効果があると記載されていました。

本日はこの研究レポートをまとめながら、音楽家としての意見を交えてお届けします。

432Hzにチューニングされた音楽は、440Hzにチューニングされた音楽と比較して、心拍数を有意に低下させる可能性があります。

この研究では、聴取後の心拍数の減少、呼吸率のわずかな減少、および聴取体験に対する一般的な満足感の向上が示されています。

ただし、血圧の減少は有意ではありませんでした。

参加者は432Hzでの聴取後の方が集中力が高まり、より満足していると報告しています。

こういった研究レポートは科学的に見えますが、実際はユーザーの感想や感情、スピリチュアル的な背景により左右されるため、そういった視点での注意も必要です。

研究の概要

36 人の被験者が調査に参加しましたが、そのうち 3 人は最初のリスニング体験後に研究を離れ、2 回目のリスニング体験には現れませんでした (ドロップアウト)。

したがって、データ分析には、男性 21 人 (63.6%) と女性 12 人に分けられる 33 人の被験者が含まれており、彼らは何の障害も持たず、明らかに健康でした。

サンプルの平均年齢は 45 歳 (SD ± 17.4) でした。21 人の被験者が最初のグループに属し、12 人の被験者が 2 番目のグループに属しました (脱落した 3 人の被験者)

被験者はソーシャル ネットワーク (Facebook および Twitter) を介して自発的な回答によって募集されました。

参加を選択した被験者は、調査への参加を容易にするために 2 つのグループ (グループ A とグループ B) に分けられています。

この研究は、チェルタルド市(イタリア、トスカーナ州)が提供するリスニングルームで行われました。

使用した電子機器はポータブル デジタル オーディオ ワークステーションで構成されています。

それぞれ別日で実施されています。

どちらのセッションも同じ音楽 (映画のサウンドトラック) を使用しており、ある日は 440 Hz、もう 1 日は 432 Hz にチューニングされたものを視聴しています。

各セッションは 全体20 分間のリスニングで構成されていました。

実験結果

映画のサウンドトラックを使ったパイロット研究では、432 Hz にチューニングされた音楽を聴いた後、HR (5 bpm) と RR (1 ra) の大幅な減少が観察され、収縮期血圧と拡張期血圧の両方がわずかに減少しました。

結果として、432Hzにチューニングされた音楽は、心拍数の顕著な減少(-4.79 bpm, p=0.05)と呼吸数のわずかな減少と関連していましたが、血圧の減少は統計的に有意ではありませんでした。

参加者は432Hzでのセッション後により集中しており、一般的により満足していると回答しています。

これらの結果は、432Hzにチューニングされた音楽がリラックス効果を促進し、より良い聴取体験を提供する可能性があることを示唆していますが、

研究結果は、440 Hz でチューニングされた音楽と比較して、432 Hz でチューニングされた音楽を聴くことによる潜在的な有益な効果を示唆しており、毎日音楽を聴く機会や、この周波数でのみチューニングされた楽器や電子楽器を使用する機会について新たな視点を開きます。

現在の 440 Hz は、1930年代〜1950 年代以降に国際的に標準化されたばかりの概念です。

イタリアの基準音の推移について

物理学の観点から見ると、音楽は周波数がヘルツ (Hz) で表される波形によって生成される音で構成されています。

Hz は 1 秒あたりのサイクルを表します (1 Hz = 1 秒あたり 1 サイクル)。

現在の楽器の国際的なチューニングの基準周波数は 440 Hz であり、これはピアノの中央オクターブの音符 A4 (LA3) に相当します。

1989年に制定

1988年にイタリアのオペラ歌手たちは、オペラハウスのオーケストラを432Hzにチューニングするために音叉を改造することを提案しており、作曲家のジュゼッペ・ヴェルディはすでに1884年にこれを要求していました。

彼の要求は法令で認められましたが、実際に適用されることはなかったそうです。

イタリアでは、実際、1975 年の欧州指令に従い、国際標準規格である440hzの導入を決定し、1989 年にイタリアでも A が法的に 440 Hz に固定されました。

より長期のイタリアでの研究

マリア・レノルドは、いくつかの実験を記した著書の中で、440 Hz に基づく標準ピッチでピアノコンサートを聴いているとき、演奏中に部屋にいた聴衆は論争的で攻撃的な行動をとったと説明しています(感想です)。

同じ楽器の音色が 432 Hz になると、同じ人々が再び視聴しても、音楽がより優れていると認識し、より多くの注意を払って聴くようになったとも報告されています。

レノルドは、20 年以上にわたり、2,000 人以上の人々に 2 つの異なる周波数をインタビューしてテストし、これらの行動について研究してきました。

シラー研究所の結論

シラー研究所の記事では、科学的に最も正しいチューニングは 432 Hz であると述べられています。

この研究所の記事では、レオナルド・ダ・ヴィンチ、ヨハネス・ケプラー、レオナルド・ピサーノ(フィボナッチとして知られる)などの歴史的人物を参照しながら、この結論に達するための数学的計算について説明します。

NASAの見解

NASA (アメリカ航空宇宙局) は、地球の周波数が約 8 Hz (「シューマン共振」) であることをリアルタイムで科学的に示しています。

したがって、8 Hz は周波数とオクターブ音楽の比の 432 Hz の約数であるため、これは 432 Hz と数学的な関係になります。

実際には、C4 (DO3) が 256 Hz に相当する A4 = 432 Hz のオクターブから計算できます。

数学的関係は次のとおりです

256/2 = 128 Hz (C3); 128/2 = 64 Hz (C2); 64/2 = 32 Hz (C1); 32/2 = 16 Hz (C0); 16/2 = 8 Hz (C-1)。4 C4 (DO3) は 261.63 Hz に対応するため、これと同じ数学的関係は 440 Hz には存在しないことになります。

440hzの正体とDNAの関係

この調和のずれにより、440 Hz の音楽を聴くと、人々は不安になったり、神経質になったり、攻撃的になったりすると考えられます。

これは、440 Hz が地球の固有周波数と調和していないために起こるわけです。

カルロ・ベンチュラ教授のチームが述べているように、私たちのDNAは周波数に敏感であるため、これらと同じ影響が人間の健康に影響を与える可能性があります。

人間の DNA は音楽とその相対周波数に敏感で、音楽を通じて再プログラムされることさえあります。

実際、幹細胞にさまざまな周波数を与えることで、幹細胞の自然な有機機能を改変することが可能になっています。

error: 右クリックを禁止させていただいております。